WikiFox

セブリング12時間レース



セブリング 12時間レース(セブリングじゅうにじかんレース、12 Hours of Sebring )は、アメリカフロリダ州セブリング・インターナショナル・レースウェイで行われる自動車耐久レースである。12時間でどれだけ長い距離を走ることができるかを競う。毎年3月中旬に開催される。ル・マン24時間レースデイトナ24時間レースの2レースとあわせて、「スポーツカー三大クラシック耐久レース」とも呼ばれることもある。

セブリング12時間レース
ユナイテッド・スポーツカー選手権
開催地 セブリング・インターナショナル・レースウェイ
スポンサー企業 モービル1
初開催 1950
初開催USCCレース 1999
耐久時間 12時間
最多勝利
(ドライバー)
トム・クリステンセン (6)
最多勝利
(チーム)
スクーデリア・フェラーリ/SpA・フェラーリ (8)
最多勝利
(マニファクチャー)
ポルシェ (17)
セブリング名物の夕焼け

目次


概要

1950年12月31日に6時間走の「サム・コリアー記念耐久グランプリ (The Sam Collier Memorial Grand Prix of Endurance)」として第1回大会が始まり、1952年の第2回大会から3月開催で12時間走の「セブリング国際耐久グランプリ (The Sebring International Grand Prix of Endurance)」となった。以降、オイルショックで開催を取り止めた1974年を除き毎年開催され、2007年に第55回を迎えた伝統あるレースである。1953年の第3回大会「フロリダ国際12時間耐久グランプリ (The Florida International 12-hour Grand Prix of Endurance)」から、この年より開始されたスポーツカー世界選手権の一戦に加わる。1973年からはIMSAシリーズの1戦となり、メイクス世界選手権から外れた。1981年は世界耐久選手権とIMSAのダブルタイトルが懸ったが、グループC規定導入の1982年以降は再び世界選手権から離れ、以降IMSAシリーズのみの1戦となる。2012・2013年はALMSとFIA 世界耐久選手権に組み込まれていたが、2014年からはUSCC及びNAEC(ノース・アメリカン・エンデュランス・カップ)の一戦になっている。

2019年にはWECで1000マイル、IMSAで12時間というスケジュールで同じ週末に別々に開催された。[1]

この同一週末に行われる「スーパーセブリング」には両レースに”ダブルヘッダー”で参加するドライバーも複数登場し、特にブレンドン・ハートレーは両レースにおいて表彰台を獲得する快挙を見せた。

バンピーかつスリッピーな路面は時として24時間レースより過酷と言われる。

初めて日本車が総合優勝したのは1989年の日産・GTP ZX-T。以降日産車5勝、トヨタ車2勝、ホンダエンジンが1勝をそれぞれ挙げている。日本人ドライバーの総合優勝者は未だいない。

日産DPiテキーラ・パトロンESM#22(2018年優勝車)

大会最多勝はポルシェの17勝で、フェラーリの12勝がそれに続く。連勝記録は1976年から1988年のポルシェの13連覇。2000年から2007年まではアウディが8連覇を果たした。


1985年以降の総合優勝車一覧


歴代優勝ドライバー


脚注


外部リンク





ソース


情報の状況: 19.07.2021 11:33:24 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.