WikiFox

ブルノ・サーキット



ブルノ・サーキット(Automotodrom Brno, アウトモトドローム・ブルノ)は、チェコ共和国ブルノ近郊にあるサーキット建国の父トマーシュ・マサリクにちなんでマサリク・サーキットとも呼ばれる。MotoGPの開催地のひとつ。

ブルノ・サーキット
所在地チェコ共和国ブルノ
標準時GMT+1
主なイベントA1GP, F3ユーロシリーズ, DTM, FIA GT, MotoGP, SBK, WTCC
コース長5.403 km (3.357 mi)
コーナー数15 (右9、左6)
レコードタイム1:47.296 (アレックス・ユーン, A1チームマレーシア, 2006年)

目次


概要

チェコ共和国内での位置

ロードレース世界選手権のチェコ・スロバキア・グランプリはブルノの公道コースで開催されていたが、1987年に常設のブルノ・サーキットがオープンし、当地で行われるようになった。1993年チェコスロバキアチェコスロバキアに分離した後は、チェコグランプリとして開催が続けられている。MotoGP開催地の中でもトップクラスの大観衆を集めることで知られる。

サーキットは元々F1の誘致を念頭に設計されたため、コース幅が広いのが特徴である。コースの全長は5403.19メートル、最も長い直線は636.56メートルある。右回りのサーキットで14のコーナーがあり、うち右コーナーは8つ。高低差が大きく(73.63メートル)、コース終盤に7.52%の急な上り勾配を持つ。

ホームストレートからターン1を回り込むと直線があり、ターン4から先は下りのコーナー区間が続く。S字状に左→右と旋回する事が多く、左コーナーでそのままストレートへ抜けるというのが軽いコーナーのターン3とヘアピン状のターン8の二つしか無く、タイヤが片減りしやすい。ターン6〜10はタイトに回り込むセクションで、フロントを滑らせて転倒シーンがみられる。

ターン11のヘアピンを通過すると、一転してホームストレート手前まで急な上り区間となる。エンジンパワーの非力な軽排気量クラスでは、スピードを維持してコーナーを通過することが必要となる。

近年は資金難によりチェコGPの開催危機が取り沙汰されてきた。路面の劣化が進んでおり、ライダーたちから再舗装工事を求める声が挙がっていた。2021年はMotoGPを含め、世界選手権の開催を行わないとサーキット側が発表した[1]


脚注


関連項目


外部リンク





ソース


情報の状況: 18.07.2021 05:15:51 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.