WikiFox

ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ


(から転送 マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ)

ラグナ・セカWeatherTech Raceway Laguna Seca, ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ)はアメリカ合衆国カリフォルニア州モントレーにあるサーキット

ラグナ・セカ
所在地アメリカ合衆国 カリフォルニア州 モントレー
標準時UTC-8 (UTC-7 DST)
所有者Monterey County Parks Department
運営者Sports Car Racing Association of the Monterey Peninsula
オープン1957年
建設費$150万USD
主なイベントMotoGP
アメリカGP

アメリカン・ル・マン・シリーズ
Monterey Sports Car Championships

アトランティック・チャンピオンシップ

Monterey Festival of Speed
路面舗装
コース長3.602 km (2.238 mi)
コーナー数11
レコードタイム1:05.880 (セバスチャン・ボーデ, ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング, 2007年, チャンプカー)

ラグナ・セカとはスペイン語で「乾いた湖」(英語でdry lake)の意[1]。この場所にはかつて湖があり、干上がった湖の周りにコースが造られた[1]

目次


概要

1987年までの旧レイアウト

1957年に造られ、1987年に現在のコースレイアウトに改修された。高低差が300フィート(91メートル)と大きく、テクニカルコーナーの多い低速サーキットである。MotoGP開催サーキットにおいては最高峰クラスで平均速度が160km/hほどであり、ドイツのザクセンリンクと並ぶ低速サーキットである。近年はA1グランプリアメリカン・ル・マン・シリーズなどの開催地となっている。

マツダ2001年から2018年3月まで命名権を保持し、「マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ」としても知られていた。2018年4月からは自動車用品メーカーでUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)のタイトルスポンサーも務めるウェザーテックが命名権を得ている[2]。また同年レクサスとパートナーシップを結び、オフィシャルカーにGS Fが指定された[3]


コークスクリュー

サーキット名物の"コークスクリュー"

コース中間部のターン5から丘陵を上っていき、ターン7辺りで最高地点を通過した後一気に下りながら左(ターン8)・右(ターン8a)・左(ターン9)と切り返す。このジェットコースターのようなダウンヒル区間(公式にはターン8とターン8a)をコークスクリューと呼び、当サーキットの名物コーナーとして知られている。下り勾配はターン8のエイペックスで12%、ターン8aのエイペックスで18%。ターン8入口からターン8a出口までの450フィート(137メートル)の距離で59フィート(18メートル)降下する[4]

ターン7手前の登り坂でブレーキングを開始する時点では空しか見えず、ターン8への侵入も曲がりながら下っていくので先が見通せない[5]。オートバイのライダーは前方荷重が懸かりながら加速しつつ、左右に素早く体重移動を繰り返す。フレディ・スペンサーなどトップライダーはウィリーしながら切り返すというテクニックを駆使していた。

コークスクリューでの追い抜きは著名な成功例がある。


その他

ロードレース世界選手権1988年から1994年までアメリカGPが開催されていたが、ランオフエリアの狭さなど安全面の懸念があった。1989年の500クラスにおいて、フィニッシュ後のクールダウンラップ中にコース上でバーンアウトを披露していたケビン・マギーババ・ショバートが追突し、ショバートは重傷を負い引退を余儀なくされた。翌年の500ccクラスでは、今度はマギーがレース中に同じ場所で転倒し、生死の境をさまよう重傷を負った2005年のレースカレンダーに復帰するにあたり、ヤマハ発動機がサーキット改修費用を提供して支援した。

1999年のCARTでは、ゴンサロ・ロドリゲスがコークスクリューを走行中にマシントラブルに見舞われウォールに突っ込み、死亡している。

公式のコースレコードは、2000年のCARTシリーズ第16戦の予選でエリオ・カストロネベスが記録した1分7秒722である。2006年8月20日F1マシン・トヨタ・TF106の走行が行われ、リカルド・ゾンタのドライブによって当時の非公式コースレコードである1分6秒309のラップタイムが記録された。翌年の2007年3月10日、チャンプカーのテストにおいてセバスチャン・ボーデが1分5秒880のタイムを記録し、これも非公式ながら上記のコースレコードを塗り替えた。

レースゲームに収録されることが多いコースである。ドリームキャストF355 Challengeや、プレイステーショングランツーリスモシリーズXboxXbox 360Xbox OneForza Motorsportシリーズにコースが収録されている。

1987年9月17日、当時のローマ教皇であるヨハネ・パウロ2世が、当地にてミサを行なった。この時の聴衆の規模は、約7万2000人であった[8]


脚注


関連項目


外部リンク





ソース


情報の状況: 20.07.2021 05:51:27 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.