WikiFox

ユーロスピードウェイ・ラウジッツ



ユーロスピードウェイ・ラウジッツEuroSpeedway Lausitz)は、ドイツブランデンブルク州南部にあるサーキット。旧称ラウジッツリンク(Lausitzring)。

ユーロスピードウェイ・ラウジッツ
所在地Klettwitz
(ドイツブランデンブルク州)
座標
収容人数120,000
所有者Förderverein Lausitzring e.V.
運営者EuroSpeedway Lausitz GmbH
オープン2000
主なイベントA1GP, DTM, チャンプカー, フォーミュラ3ユーロシリーズ, WSBK
Superspeedway
コース長3.256 km (2.023 mi)
コーナー数3
レコードタイム0:34.62[1] (トニー・カナーン, Mo Nunn Racing Reynard 01i, 2001, チャンプカー)
Grand Prix Circuit
コース長4.345 km (2.700 mi)
コーナー数14
レコードタイム1:32:21 (ヘイッキ・コヴァライネン, Pons Racing, 2004, ワールドシリーズ・バイ・ニッサン)
Motorcycle Circuit
コース長4.297 km (2.670 mi)
コーナー数13
レコードタイム1'38.622 (芳賀紀行, Yamaha Motor Italia ヤマハ・YZF-R1, 2007, WSBK)

目次


概要

ヨーロッパでは珍しいオーバルトラックで、一周はおよそ3.2km(2マイル)ある。アメリカのポコノ・レースウェイのようなトライ・オーバルで、内側にはロードコースが併設されている。コースレイアウトによってはおよそ4.5kmまで延長が可能である。メインのコースに加えて西側にもテストコースが併設され、これを繋げると約11kmにもなる。ただし、一般的なレースイベントには使用されず、特別なテストを行なう時のみ使われる。従って、「ラウジッツリンク」を話題とする際はテストコースを除外し、スピードウェイ本体を指し示すことが常である。 最大収容人数は12万人であり、2万5千人の席を確保するメインスタンドからはコースを一望できる。

2017年に同サーキットの施設が自動車用精密機器サプライヤーであるDEKRAに買収されることとなり、一般営業が同年内をもって終了することが発表された。既にサーキット内にDEKRAのテストセンターが開設されており、同年11月1日付で経営を受け継ぎ、ロードカー開発のテストコースとして改装される事が決定している。ただしその後も一般向けイベントとして、ドイツツーリングカー選手権(DTM)の開催が年1回行われており、その時だけは一般の観客も入場することができる。


過去に起こった重大事故


現在開催されている主なレース

レッドブル・エアレース

  • 2010年には、飛行機のレッドブル・エアレースが開催された。メインスタンドからコースを一望できるロケーションが評価されたことによる。コース内にはパイロンが設置され、パドックには臨時の滑走路が設置された。2016年2017年にも開催される。

過去に開催されたことのあるレース


脚注

  1. ^ http://www.eurospeedway.de/en_racing_areal.asp?mid=83&uid=0&iid=237
  2. ^ アルボレートの事故原因はパンク | webCG ”. webCG (2001年5月7日). 2014年5月29日閲覧。

関連項目


外部リンク





ソース


情報の状況: 18.07.2021 08:29:01 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.