WikiFox

ライアン・ブリスコー



ライアン・ブリスコー(Ryan Briscoe、1981年9月24日 - )は、オーストラリアシドニー出身のレーシングドライバー

ライアン・ブリスコー
Ryan Briscoe
ライアン・ブリスコー、2014年8月
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1981年9月24日(39歳)
インディカー・シリーズでの経歴
デビュー 2005
所属 ペンスキー
車番 2
過去所属 ルクソ=ドラゴン・レーシング
ドレイヤー&レインボールド・レーシング
チップ・ガナッシ・レーシング
出走回数 61
優勝回数 6
ポールポジション 13
シリーズ最高順位 3位 (2009)
ライアン・ブリスコー
基本情報
アメリカン・ル・マン・シリーズでの経歴
活動時期 2007
所属 ペンスキー
車番 6
出走回数 12
優勝回数 3 (1 class, 2 oufloat_right)
ポールポジション 0
ファステストラップ 2
シリーズ最高順位 3位 (LMP2) (2007)
過去参加シリーズ
2001
2002
2003
2006
イタリア フォーミュラ・ルノー
フォーミュラ3000、ドイツF3選手権
フォーミュラ3・ユーロシリーズ
チャンプカー・ワールド・シリーズ
選手権タイトル
2001
2003
イタリア フォーミュラ・ルノー
フォーミュラ3・ユーロシリーズ

ブリスコーはシドニーのトリニティ・グラマースクールを卒業した。母語の英語に加えてイタリア語フランス語を話すことができる。

目次


経歴

初期

多くのレースドライバーのようにブリスコーはカートからその経歴を始め、1993年に最初のレースに参加した。オーストラリア、北米、イタリアでの選手権を勝ち取った後、2000年にフォーミュラ・ルノーにステップアップした。2001年にはイタリア選手権で5勝を挙げてチャンピオンとなり、ユーロカップでは6戦に参加、2勝を挙げてシリーズ4位となった。2002年にはトヨタF1のテストドライバーとなる。その年は国際フォーミュラ3000に参戦したが、思うような結果を出せず7戦を持って撤退することとなる。その後はドイツF3選手権に参加、3度の表彰台を得た。2003年はフォーミュラ3・ユーロシリーズに参戦、8勝を挙げてシリーズチャンピオンとなった。2004年はトヨタF1チームで、サードドライバーのリカルド・ゾンタクリスチアーノ・ダ・マッタに代わってレギュラードライバーに昇格したのに合わせ、サードドライバーとなった。

2005

2005年はジョーダン・グランプリが、トヨタエンジンを獲得するためにブリスコーと契約する準備ができていたとの噂が生じた[1]。しかしながらブリスコーはチップ・ガナッシ・レーシングからIRLに参戦した。その年はインディ500で10位という成績を残している[1]。彼はまたデイトナ24時間レースにも参加、グランダムへのデビューも果たした。シアーズポイントではポールポジションを獲得したが、オーバルでのレースに苦しみ、何度かのクラッシュを経験した。

2005年9月11日、シカゴランド・スピードウェイで事故に遭遇、両方の鎖骨を折るという怪我を負った。ブリスコーの車はアレックス・バロンの車に乗り上げフェンスに激突、二つに折れた。ブリスコーは9月19日に退院し、アメリカで初期の療養を受けた後にイタリア、ヴィアレッジョの療養施設に転院した。このクラッシュでの負傷から回復するのには8週間が必要であった。公式サイトは2005年11月14日にアメリカに戻ると発表した。

2006

チップ・ガナッシ・レーシングは2006年シーズン、ブリスコーに代えて前年チャンピオンのダン・ウェルドンを起用した。シーズン前にブリスコーはケヴィン・カルコーヴェンのPKVレーシングでテストドライブを行った。また、Miジャック・コンクェストでもテストを行っている。2006年のデイトナ24時間レースにはウェイン・テイラー、マックス・アンジェレリ、エマニュエル・コラールと共に出場したが、ブリスコーがドライブする前にチームはアクシデントによるダメージのためレースを撤退した。

2007年のインディ500で予選を待つブリスコー

2006年、ブリスコーはホールデン・レーシング・チームからジム・リチャーズと組んで耐久レース、サンダウン500およびバサースト1000に参加すると発表された。また、A1グランプリラグナ・セカ戦にA1チーム・オーストラリアから出場し、3ポイントを獲得した。インディ500ではA.J.フォイト・レーシングから#48号車のドライバーとして出場し、驚きをもって捉えられたが、契約が非常に遅れたためバンプ・デイの残り1時間半でもシートフィッティングを行っている状態であった。結局予選では走行することができなかった。翌週ワトキンズ・グレンでドレイヤー&レインボールド・レーシングの#5号車をドライブ、インディカー・シリーズに復帰する。このレースでは3位を獲得した。続いて同チームから3戦に出場したが、2戦でリタイアした。その後負傷したクリスチアーノ・ダ・マッタに代わってルースポーツからチャンプカー・シリーズに参加、2戦に出走したが、その内の1つは母国で行われたゴールド・コースト・インディ300であった。

2007

ブリスコーはペンスキー・レーシングからポルシェをドライブしてアメリカン・ル・マン・シリーズに参戦する契約と、スティーヴン・J・ルクソとジェイ・ペンスキーのチームからインディ500に出場する契約を交わした。インディには前シーズンのチャンピオンチームであるペンスキー・レーシングの車両が貸与されることとなった。

インディ500にはシマンテック・ルクソ・ドラゴン・レーシングから#12号車をドライブして出場し、予選では7位、平均スピードは224.410mphであった。決勝は2007年5月28日に開催され、ブリスコーは雨のためにレースが中断されるまで、166周を走行していた。結局33人中5位となり、30万2,305ドルの賞金とドライバーズ・ポイントを30獲得した。

2008

インディアナポリス・モーター・スピードウェイ、2008年5月

2008年はNASCARに参戦するサム・ホーニッシュJr.に代わってペンスキー・レーシングと契約、インディカー・シリーズに参戦した。

2008年のインディ500では、ピットアウトの際にダニカ・パトリックと接触、パトリックのサスペンションを引き裂き、自らの車のフロントエンドを破損、リタイアとなった[2]


レース戦績

シリーズ チーム 出走数 勝利数 ポールポジション ファステストラップ 表彰台 ポイント 順位
2000 イタリア・フォーミュラ・ルノー2000 プレマ・パワーチーム 1 0 0 0 0 16 17位
2001 イタリア・フォーミュラ・ルノー2000 プレマ・パワーチーム 10 5 3 1 7 226 1位
フォーミュラ・ルノー2000ユーロカップ 6 2 1 2 3 102 4位
ドイツF3 2 0 0 0 0 0 NC†
フランスF3 1 0 0 0 1 0 NC†
マスターズF3 1 0 0 0 0 N/A NC
2002 ドイツF3 プレマ・パワーチーム 12 0 0 0 3 16 13位
国際F3000選手権 7 0 0 0 0 0 NC
フランスF3 2 0 0 0 0 0 NC†
イタリアF3 1 0 0 ? 0 0 NC†
マスターズF3 1 0 0 0 0 N/A NC
2003 フォーミュラ3・ユーロシリーズ プレマ・パワーチーム 20 8 4 5 10 110 1位
イギリスF3 2 0 0 0 0 0 NC†
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 7位
マスターズF3 1 0 0 1 1 N/A 3位
2005 インディカー・シリーズ ターゲット・チップ・ガナッシ・レーシング 14 0 1 1 0 232 19位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ コンプUSA チップ・ガナッシ 1 0 0 0 0 24 68位
2005-06 A1グランプリ A1チーム・オーストラリア 4 0 0 0 1 51 13位
2006 インディカー・シリーズ ドレイヤー&レインボールド・レーシング 4 0 0 0 1 83 21位
チャンプカー・ワールド・シリーズ ルースポーツ 2 0 0 0 0 17 21位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ サントラスト・レーシング 2 0 0 0 2 62 61位
V8 スーパーカー ホールデン・レーシングチーム 2 0 0 0 0 120 58位
2006-07 A1グランプリ A1チーム・オーストラリア 6 0 0 0 1 25 13位
2007 アメリカン・ル・マン・シリーズ - LMP2 ペンスキー・レーシング 12 3 1 5 9 186 2位
インディカー・シリーズ ルクソ=ドラゴン・レーシング 1 0 0 0 0 30 24位
2008 インディカー・シリーズ チーム・ペンスキー 17 2 3 4 5 447 5位
アメリカン・ル・マン・シリーズ - LMP2 4 1 1 1 1 53 10位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ 1 0 0 0 1 30 46位
2009 インディカー・シリーズ ペンスキー・レーシング 17 3 4 5 11 604 3位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ 1 0 0 0 0 25 41位
2010 インディカー・シリーズ ペンスキー・レーシング 17 1 3 1 3 482 5位

† - As Briscoe was a guest driver, he was ineligible to score points.

フォーミュラ

フォーミュラ・ルノー2000・ユーロカップ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 DC ポイント
2001年 プレマ・パワーチーム MOZ
Ret
BRN
19
MAG
3
SIL ZOL HUN
4
SPE NUR JAR
1
EST
1
4位 102

国際F3000選手権

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 DC ポイント
2002年 コカコーラ・ノルディック・レーシング INT
12
IMO
13
CAT
12
A1R
17
MON
Ret
NÜR
Ret
SIL
12
MAG HOC HUN SPA MNZ NC 0

(key)

ドイツ・フォーミュラ3選手権

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 DC ポイント
2002年 プレマ・パワーチーム スピーズ-オペル HOC
1
HOC
2
SAC
1
SAC
2
NOR
1
NOR
2
LAU
1

11
LAU
2

15
HOC
1

Ret
HOC
2

7
NÜR
1

Ret
NÜR
2

11
A1R
1

5
A1R
2

Ret
ZAN
1

3
ZAN
2

3
HOC
1

3
HOC
2

5
13位 16

(key)

フォーミュラ3・ユーロシリーズ

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2003年 プレマ・パワーチーム ダラーラ・F303/008 スピーズ-オペル HOC
1

1
HOC
2

1
ADR
1

5
ADR
2

1
PAU
1

1
PAU
2

2
NOR
1

4
NOR
2

Ret
LMS
1

3
LMS
2

Ret
NÜR
1

Ret
NÜR
2

7
A1R
1

1
A1R
2

1
ZAN
1

17
ZAN
2

1
HOC
1

17
HOC
2

1
MAG
1

14
MAG
2

14
1位 110

F1世界選手権

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2004年 トヨタ TF104 トヨタ・RVX-04 3.0L V8 AUS MAL BHR SMR ESP MON EUR CAN USA FRA GBR GER HUN
TD
BEL
TD
ITA
TD
CHN
TD
JPN
*
BRA
TD
NC 0

(key)

  • *:サードドライバーとしてエントリーしたが、悪天候のため走行せず。

A1グランプリ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2005-06年 A1チーム・オーストラリア GBR
SPR
GBR
FEA
GER
SPR
GER
FEA
POR
SPR
POR
FEA
AUS
SPR
AUS
FEA
MYS
SPR
MYS
FEA
UAE
SPR
UAE
FEA
RSA
SPR
RSA
FEA
IDN
SPR
IDN
FEA
MEX
SPR
MEX
FEA
USA
SPR
10
USA
FEA
8
CHN
SPR
9
CHN
FEA
3
13位 51
2006-07年 NED
SPR
13
NED
FEA
3
CZE
SPR
CZE
FEA
CHN
SPR
CHN
FEA
MYS
SPR
12
MYS
FEA
17
IDN
SPR
6
IDN
FEA
10
NZL
SPR
NZL
FEA
AUS
SPR
AUS
FEA
RSA
SPR
RSA
FEA
MEX
SPR
MEX
FEA
CHN
SPR
CHN
FEA
GBR
SPR
GBR
SPR
13位 24

(key)

アメリカン・オープンホイール

チャンプカー・ワールド・シリーズ

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
2006年 ルー・スポーツ ローラ・B02/00 コスワース LBH HOU MTY MIL POR CLE TOR EDM SJO DEN MTL ROA SRF
11
MXC
14
21位 17

(key)

インディカー・シリーズ

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2005年 チップ・ガナッシ・レーシング パノス トヨタ HMS
20
PHX
19
STP
14
JPN
12
INDY
10
TXS
12
RIR
21
KAN
21
NSH
8
MIL
DNS
MIS
10
KTY
13
PPIR
20
SNM
19
CHI
22
WGL CAL 19位 232
2006年 ドレイヤー&レインボールド・レーシング ダラーラ・IR05 ホンダ HMS STP JPN INDY
WGL
3
TXS RIR KAN NSH
9
MIL
18
MIC KTY SNM
16
CHI 21位 83
2007年 ルクソ=ドラゴン・レーシング HMS STP MOT KAN INDY
5
MIL TXS IOW RIR WGL NSH MDO MIS KTY SNM DET CHI 24位 30
2008年 チーム・ペンスキー HMS
19
STP
23
MOT1
9
LBH1
DNP
KAN
7
INDY
23
MIL
1
TXS
3
IOW
7
RIR
15
WGL
12
NSH
23
MDO
1
EDM
6
KTY
7
SNM
2
DET
9
CHI
3
SRF2
1
5位 447
2009年 STP
1
LBH
13
KAN
4
INDY
15
MIL
2
TXS
2
IOW
2
RIR
19
WGL
2
TOR
2
EDM
4
KTY
1
MDO
2
SNM
2
CHI
1
MOT
18
HMS
2
3位 604
2010年 SAO
14
STP
3
ALA
6
LBH
8
KAN
6
INDY
24
TXS
1
IOW
4
WGL
2
TOR
18
EDM
4
MDO
6
SNM
4
CHI
11
KTY
24
MOT
4
HMS
4
5位 482
2011年 STP
18
ALA
21
LBH
2
SAO
3
INDY
27
TXS1
6
TXS2
3
MIL
11
IOW
6
TOR
7
EDM
10
MDO
16
NHM
8
SNM
3
BAL
14
MOT
20
KTY
8
LVS
C
6位 364
2012年 ダラーラ・DW12 シボレー STP
5
ALA
14
LBH
7
SAO
25
INDY
5
DET
16
TXS
3
MIL
14
IOW
18
TOR
19
EDM
8
MDO
7
SNM
1
BAL
2
FON
17
6位 370
2013年 チップ・ガナッシ・レーシング ホンダ STP ALA LBH SAO INDY
12
26位 100
パンサー・レーシング シボレー DET1
21
DET2
13
TXS MIL
15
IOW POC
14
TOR1
22
TOR2
DNS
MDO SNM
17
BAL HOU1 HOU2 FON
2014年 チップ・ガナッシ・レーシング STP
10
LBH
17
ALA
11
IMS
6
INDY
18
DET1
15
DET2
10
TXS
7
HOU1
12
HOU2
8
POC
4
IOW
9
TOR1
12
TOR2
11
MDO
8
MIL
6
SNM
17
FON
7
11位 461
2015年 シュミット・ピーターソン・モータースポーツ ホンダ STP NLA LBH ALA IMS INDY
12
DET
DET
TXS
8
TOR
FON
15
MIL
21
IOW
8
MDO
18
POC
8
SNM
5
18位 205
年数 チーム数 レース数 PP数 勝利数 表彰台
(勝利以外)**
トップ10
(表彰台以外)***
インディ500勝利数 チャンピオン獲得数
11 6 136 13 8 20 38 0 0
** 表彰台(勝利以外):2位または3位
*** トップ10
(表彰台以外):4位から10位まで

インディ500

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2005年 パノス トヨタ 24 10 チップ・ガナッシ・レーシング
2007年 ダラーラ ホンダ 7 5 ルクソ=ドラゴン・レーシング
2008年 3 23 チーム・ペンスキー
2009年 2 15
2010年 4 24
2011年 26 27
2012年 ダラーラ・DW12 シボレー 1 5
2013年 ホンダ 23 12 チップ・ガナッシ・レーシング
2014年 シボレー 30 18
2015年 ホンダ 33 12 シュミット・ピーターソン・モータースポーツ

スポーツカー

アメリカン・ル・マン・シリーズ

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2007年 ペンスキー・レーシング ポルシェ・RSスパイダー Evo LMP2 SEB
8
STP
1
LBH
2
HOU
3
UTA
1
LIM
1
MDO
2
ROA
2
MOS
2
DET
7
PET
5
LGA
2
3位 186
2008年 LMP2 SEB
Ret
STP LBH UTA LIM MDO ROA MOS DET
5
PET
1
LGA
3
16位 53
2013年 レベル5・モータースポーツ HPD・ARX-03b P2 SEB
1
LBH
3
LGA
2
LIM
1
MOS ROA BAL
Ret
CTA
1
VIR
1
PET
1
5位 125

ユナイテッド・スポーツカー選手権

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2014年 コルベット・レーシング シボレー・コルベット C7.R GTLM DAY
10
SEB
8
LBH LGA DET WGL MOS IMS ELK CTA PET 20位 46
2015年 GTLM DAY
1
SEB
1
LBH LGA WGL MOS ELK VIR CTA PET
3
11位 103
2016年 フォード・チップ・ガナッシ・レーシング フォード・GT GTLM DAY
9
SEB
5
LBH
4
LGA
1
WGL
1
MOS
1
LIM
3
ELK
2
VIR
4
CTA
9
PET
7
2位 328
2017年 GTLM DAY
10
SEB
4
LBH
2
CTA
6
WGL
2
MOS
3
LIM
5
ELK
3
VIR
2
LGA
5
PET
8
4位 306
2018年 GTLM DAY
1
SEB
4
LBH
2
MDO
5
WGL
6
MOS
1
LIM
6
ELK
1
VIR
7
LGA
6
PET
5
2位 316
2019年 GTLM DAY
4
SEB
6
LBH
4
MDO
5
WGL
3
MOS
5
LIM
1
ELK
1
VIR
5
LGA
6
PET
2
4位 313
2020年 コニカミノルタ・キャデラック キャデラック・DPi-V.R DPi DAY
1
DAY
6
SEB
2
ELK
2
ATL
5
MDO
3
PET
1
LGA
6
SEB
7
2位 264
2021年 スクーデリア・コルサ フェラーリ・488 GT3 Evo GTD DAY
14
SEB MDO DET WGL
WGL
LIM
ELK
LGA
LBH
VIR
PET
46位* 198*

FIA 世界耐久選手権

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
2021年 グリッケンハウス・レーシング グリッケンハウス・007 LMH LMH SPA POR
4
MNZ
LMN
FSW
BHR
4位* 18*

ル・マン24時間レース

デイトナ24時間レース

セブリング12時間レース

V8 スーパーカー

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
2006年 HRT ADL PUK BRG WIN HDV QLR ORP SAN
21
BAT
Ret
SUR SYM BAH PHI 58位 120
2010年 HRT YMC
R1
YMC
R2
BHR
R3
BHR
R4
ADE
R5
ADE
R6
HAM
R7
HAM
R8
QLD
R9
QLD
R10
WIN
R11
WIN
R12
HDV
R13
HDV
R14
TOW
R15
TOW
R16
PHI
R17
BAT
R18
25
SUR
R19
Ret
SUR
R20
7
SYM
R21
SYM
R22
SAN
R23
SAN
R24
SYD
R25
SYD
R26
NC 0 +

+ Not Eligible for points


参照

  1. ^ a b “Briscoe ready to debut at Daytona” . BBC Sport. (2005年1月17日) 2005年1月19日閲覧。
  2. ^ John Schwarb (2008年5月25日). “Patrick struggled with car all day before late crash took her out” 2008年5月25日閲覧。

外部リンク

タイトル
先代:
フェリペ・マッサ
イタリア フォーミュラ・ルノー チャンピオン
2001
次代:
ホセ・マリア・ロペス
先代:
トリスタン・ゴメンディ(フランス
ゲイリー・パフェットドイツ
フォーミュラ3・ユーロシリーズ チャンピオン
2003
次代:
ジェイミー・グリーン




ソース


情報の状況: 22.07.2021 09:34:37 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.