WikiFox

あれから



あれから」は、2019年12月18日に発売された、日本歌手美空ひばりの歌声を元に制作された「AI美空ひばり」によるシングル作品である。

あれから
美空ひばりシングル
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 秋元康(作詞)
佐藤嘉風(作曲)
美空ひばり シングル 年表
武蔵流転
(2003年)
あれから
(2019年)
テンプレートを表示

目次


解説

本曲は2019年9月29日に放送された『NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり』の企画として制作された。番組内では過去の膨大な映像や音源を元に、ひばりのライブを再現する試みが行われた[1]

本曲の制作に際し、ひばりの過去の音源を人工知能に学習させ、それを元にディープラーニングにより歌声を再現するヤマハの最新歌声合成技術「VOCALOID:AI」を用いて「AI美空ひばり」が制作された[2]。作詞はひばり生前最後のシングル『川の流れのように』を手掛けた秋元康による。

当初はCD化の予定はなかったが、視聴者やファンからの要望が多かったことから、CD化が実現。故人の歌手の歌声を人工知能で甦らせ、新曲としてCDを発売するのは世界初である。CDには番組で放送された「NHKスペシャル・バージョン」に加え、新たに制作された「シングル・バージョン」が収録された。また、カセットテープも同時発売された。本CDの発売に先立ち、11月27日には「NHKスペシャル・バージョン」が配信開始された[3]

また、同年12月31日に放送される第70回NHK紅白歌合戦にてAI美空ひばりが出場し、本曲を歌唱した[4]他、森美術館では「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」の特別企画として2019年12月20日から2020年2月29日にかけて、AI美空ひばりのスペシャルバージョンが上映された[5]


評価

番組の放送終了後、視聴者からは「凄かった」「感動した」「涙が止まらなかった」と称賛が相次いだ[6]。また、メモリアル映像では北野武リリー・フランキーATSUSHI指原莉乃村上虹郎中島セナが本曲を視聴。生前からひばりと親交があった北野は「美空さんの最高傑作かと思うぐらい、いい歌」、指原は「今は近くにいない人を思って聴くと、涙が出ちゃうんじゃないかな」と絶賛した[7]。オリコンチャートでは2020年1月13日付の週間演歌・歌謡シングル部門で1位を獲得している。

その一方で、「故人に対する冒涜なのではないか」という意見も見られた。漫画家の小林よしのりはブログ上で「美空ひばりを侮辱してはいかん」「美空ひばりの歌はあんな平板なものではない。コンピュータの再現なんかダメだ」と批判[8][9]。元NHKアナウンサーの山川静夫は、毎日新聞のインタビューで「僕はああいうの、反対だな」「声色はだいぶ近づけることができたようだけど、映像の出来栄えは『あの程度』でしょ」と批判している[7]。また、生前ひばりと親交があった中村メイコは『垣花正 あなたとハッピー!』で「一番単純な言い方をすると『嫌だ』」「あの人を亡くしてから『全部嘘であって欲しい。まだ生きている』って思ってきた。これが、『ひばりさんの“作った声”ですよ』って言われることで離れる気がする」とコメントした他[10]、シンガーソングライターの山下達郎は『山下達郎のサンデー・ソングブック』で「一言で申し上げると、冒涜です」と批判している[11]


収録曲

作詞:秋元康、作曲:佐藤嘉風、編曲:野中“まさ”雄一

  1. あれから -シングル・バージョン-
  2. あれから -NHKスペシャル・バージョン-
  3. あれから -シングル・バージョン- (オリジナル・カラオケ)

カバー

  • 氷川きよし - 2020年10月3日リリースのアルバム「生々流転」に収録。
  • 天童よしみ - 2021年4月21日リリースのアルバム「Buddy(バディ)~素晴らしき相棒~」に収録。

脚注


関連項目





ソース


情報の状況: 21.07.2021 07:12:00 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.