WikiFox

アンドレス・マヌエル・デル・リオ



アンドレス・マヌエル・デル・リオ(Andrés Manuel Del Río、1764年11月10日 - 1849年3月23日) は、スペイン出身で生涯の大半をメキシコで送った化学者(鉱物学者)。バナジウムの発見者とされる。

Andrés Manuel del Río

人物

1764年にマドリードで生まれ、ドイツのフライベルクなどで学んだ後、1794年にメキシコに派遣されてメキシコ鉱山学校で約50年間にわたって鉱物学、フランス語、スペイン語を教えた。

1801年にメキシコ産の鉱石からバナジウムを発見し、エリスロニウムと命名したが、発表の前にクロム化合物ではないかと指摘をうけ、発表を撤回した。

1821年にメキシコは独立し、デル・リオはメキシコに帰化した。

1830年にスウェーデンのニルス・ガブリエル・セフストレームによってバナジウムが再発見された後に、デル・リオの発見した元素がバナジウムであったことが確認された。

死後はマリオ・モリーナルイス・ミラモンテスと並んで、メキシコ3大化学者と称されている。





ソース


情報の状況: 23.07.2021 04:12:29 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.