WikiFox

シー・シー・シー



シー・シー・シー」は、日本グループ・サウンズザ・タイガースの楽曲で、6枚目のシングル1968年7月5日に発売。

シー・シー・シー
ザ・タイガースシングル
初出アルバム『THE TIGERS AGAIN』
B面 白夜の騎士
リリース
ジャンル グループ・サウンズ
時間
レーベル 日本グラモフォンポリドール
作詞・作曲 安井かずみ(作詞)
加瀬邦彦(作曲)
チャート最高順位
ザ・タイガース シングル 年表
花の首飾り/銀河のロマンス
(1968年)
シー・シー・シー
(1968年)
廃虚の鳩
(1968年)
テンプレートを表示

目次


概要

当初、A面曲として作詞:橋本淳、作曲:すぎやまこういちの「南の島のカーニバル」が用意されていたが、不採用となった[1]。なお、不採用となった「南の島のカーニバル」は、1990年発売の『ザ・タイガース / PERFECT CD BOX』(10枚組)内のアルバム『レジェンド・オブ・ザ・タイガース』に収録された。

シングルはオリコン調べで50.8万枚を売り上げた[2]


収録曲

  1. シー・シー・シー (C-C-C) [2:53]
    作詞:安井かずみ 作曲:加瀬邦彦
    • オリジナル・アルバム未収録だが、それに準ずる編集盤『THE TIGERS AGAIN』に収録された。
  2. 白夜の騎士 (Knight in the night) [3:00]
    作詞:有川正子[3](補作:橋本淳) 作曲:すぎやまこういち

「シー・シー・シー」のカヴァー


脚注

  1. ^ 磯前順一『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』集英社集英社新書)、2013年、98頁。ISBN 978-4-08-720714-9
  2. ^ 『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』139頁。
  3. ^ 白夜の騎士作詞者は、北海道上川管内出身の当時女子高校生だった人物である(ザ・タイガース『白夜の騎士』作詞者は上川管内在住 (PDF) 北海道新聞 2013年11月22日付夕刊 瞳みのるオフィシャルサイトより)。なお、本曲の作詞者に関しては長らく有川正沙子と思われていたが、瞳みのるの著書『ザ・タイガース 花の首飾り物語』(小学館)の“もうひとりの女学生”文中によれば、有川正沙子自身が瞳みのるの電話インタビューにて「別人である」と答えている。




ソース


情報の状況: 19.07.2021 09:30:22 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.