WikiFox

ソラニン (曲)



ソラニン」は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの14枚目のシングル

ソラニン
ASIAN KUNG-FU GENERATIONシングル
初出アルバム『マジックディスク
B面 ムスタング(mix for 芽衣子)
リリース
録音 2009年
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2010年度上半期42位(オリコン)
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル 年表
    新世紀のラブソング
    2009年
    ソラニン
    2010年
    迷子犬と雨のビート
    (2010年)
    テンプレートを表示

    目次


    概要

    • 新世紀のラブソング」以来約4ヶ月ぶりのシングル。
    • 「ソラニン」とカップリング曲「ムスタング (mix for 芽衣子)」それぞれともに映画『ソラニン』のメインテーマ、エンディングテーマ曲に選ばれ、「ソラニン」は映画の中で、出演者の宮崎あおい高良健吾が歌うシーンも見られる。
    • 初回盤にはジャケット同絵柄のステッカーが封入。
    • 2013年9月14日、デビュー10周年に行われた「ファン感謝祭」では、事前のリクエストファン投票で上位に選ばれた曲を演奏。「ソラニン」は、その第1位に選ばれた(メンバー間投票では40位)。「ムスタング」は7位であった[2]
    • 2019年10月21日10月27日放送のKBS京都「京都・時の証言者」で2010年のBGMとして使用。

    収録曲

    1. ソラニン (4:34)
      (作詞:浅野いにお 作曲:後藤正文)
      アスミック・エース エンタテインメント配給映画『ソラニン』メインテーマ。
      歌詞は、映画の原作に登場する楽曲「ソラニン」の歌詞を一部編集した上で後藤が曲を乗せたものであるため、表記上、メジャーデビュー以降では初めてメンバー以外の人物による作詞となっている。
      アルバム『マジックディスク』にも収録されたが、アルバムのテーマと異なり、メンバー以外の人物が作詞したため、エキストラトラックとして収録された。
      アーケードゲーム『REFLEC BEAT』に収録された。
    2. ムスタング (mix for 芽衣子) (5:08)
      (作詞:後藤正文 作曲:後藤正文・山田貴洋 ミックス:高山徹)
      アスミック・エース エンタテインメント配給映画『ソラニン』エンディングテーマ。
      後藤が原作の『ソラニン』にインスパイアされて書き下ろした曲である、アルバム『未だ見ぬ明日に』収録曲「ムスタング」のリミックスバージョンである。
      2018年に行われたツアー「BONES & YAMS」では一部公演のアンコールにてこのバージョンで披露された。

    全編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION


    収録アルバム


    脚注

    1. ^ 日本レコード協会 ダウンロード認定 (2019年8月)
    2. ^ “ASIAN KUNG-FU GENERATIONデビュー10周年記念ライブ「ファン感謝祭」 @ 横浜スタジアム” . ロッキングオンの情報サイトRo69 2014年7月4日閲覧。




    ソース


    情報の状況: 20.07.2021 11:13:20 CEST

    ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

    変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

    重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
    を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.