WikiFox

ナギイチ



ナギイチ」は、日本の女性アイドルグループ・NMB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲はすみだしんやが担当した。2012年5月9日にNMB48の4作目のシングルとしてよしもとアール・アンド・シー (laugh out loud! records) から発売された。楽曲のセンターポジションは山本彩が務めた。

ナギイチ
NMB48シングル
初出アルバム『てっぺんとったんで!
B面 理不尽ボール(Type-A、Type-B、Type-C)
最後のカタルシス(Type-A、劇場盤)
僕がもう少し大胆なら(Type-B、劇場盤)
初恋の行方とプレイボール(Type-C)
わるきー(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル laugh out loud! records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
すみだしんや(作曲)
生田真心(編曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • デイリー1位(オリコン)
  • 週間11位Billboard JAPAN Hot Top Airplay
  • 週間39位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 週間13位RIAJ有料音楽配信チャート
  • 週間2位オリコン
  • 2012年5月度月間4位(オリコン)
  • 2012年度上半期8位(オリコン)
  • 2012年度年間12位(オリコン)
  • NMB48 シングル 年表
    純情U-19
    (2012年)
    ナギイチ
    (2012年)
    ヴァージニティー
    (2012年)
    テンプレートを表示

    目次


    背景とリリース

    前作と同様、通常盤Type-A、通常盤Type-B、通常盤Type-Cのほか、キャラアニ限定発売の劇場盤の4形態がリリースされ、Type-A・Type-B・Type-Cでは3曲目の収録楽曲は異なる。

    「ナギイチ」を歌う選抜メンバーは、前作から3人が入れ替わった。谷川愛梨が初選抜入り。村上文香は「オーマイガー!」以来約7か月ぶり、吉田朱里は「絶滅黒髪少女」以来約10か月ぶりの選抜復帰。前作の選抜メンバーだった岸野里香木下春奈、與儀ケイラが選抜落ちした。曲のタイトル「ナギイチ」は、「番かわいいGIRL!!」の略である[2]。メディアのインタビューを受けた山本彩曰く「自分に自信がある女の子の気持ちを歌った曲」に仕上がっているという[3]。姉妹グループであるAKB48の22ndシングルで、第53回日本レコード大賞において大賞・優秀作品賞を受賞した「フライングゲット」と同じく、すみだしんやと生田真心がそれぞれ作曲・編曲を担当している。

    劇場盤には渡辺美優紀のソロ曲「わるきー」が収録されている。ソロ曲の歌唱は山本彩に続いて2人目。NMB48全メンバーがCDのいずれかの曲に参加していて、メンバーは少なくとも「選抜」または「アンダーガールズ」のどちらかに割り振られている。

    キャッチコピーは「ナギイチ、ナツイチ、キミイチ。」。


    アートワーク

    ジャケット写真のメンバー[4]
    Type-A 表 「ナギイチ」選抜メンバー16人
    Type-A 裏 「白組」メンバー12人
    Type-B 表 「ナギイチ」選抜メンバー16人
    Type-B 裏 「紅組」メンバー12人
    Type-C 表 「NMBセブン」のメンバー7人
    Type-C 裏 「NMBセブン」のメンバー7人
    劇場盤 表 城恵理子・山本彩・渡辺美優紀
    劇場盤 裏 城恵理子・山本彩・渡辺美優紀

    チャート成績

    発売前日(集計初日)の2012年5月8日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約23万1000枚を記録し、本作と同日に発売されたFace Down」(約25万枚)に次ぎ初登場で2位にランクインした[5]。デイリーチャートにおいてNMB48は過去のシングル3枚がすべて初登場1位を記録しており、本作で初めて初登場1位を逃す結果となった。また初日の推定売上枚数は前作「純情U-19」の約28万枚を下回っている。

    2012年5月21日付オリコン週間シングルチャートでは嵐「Face Down」に次ぎ[6]初登場2位にランクインした。集計初日のデイリーチャートに続き、週間チャートでもNMB48は本作で初めて初登場1位を逃すこととなったが、初動売上は約37万6000枚を記録し、この当時における前作の累積売上(約37万5000枚)を初動だけで上回った。なおオリコン週間シングルチャートにおいて2位の売り上げが30万枚を突破したのは2001年7月16日付(GLAYSTAY TUNED」が初動約30万枚で2位)以来10年10か月ぶりであり、オリコンのニュース記事は本週間チャートについて「近年稀に見るハイレベルな争いとなった」と記している[7]


    ミュージック・ビデオ

    「ナギイチ」のミュージック・ビデオ(MV)は三木孝浩が監督を務めた。

    振付は西田一生(西田プロジェクト)が担当。


    メディアでの使用

    「ナギイチ」は前々作「オーマイガー!」及び前作「純情U-19」に引き続き、ラウンドワンとNMB48とのコラボレーションキャンペーン『ROUND1 × NMB48』のCMソング[注 1]として使用される。CM放映時、1番目の歌詞を一部変更し「ナギイチはっきりしようじゃないか」の所を「この際はっきりしようじゃないか」に変更された。又、関西テレビのNMB48冠バラエティ番組「どっキング48」のエンディングテーマ(2012年4月24日 - 7月10日)としても使用された。


    シングル収録トラック

    Type-A

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ナギイチ」秋元康すみだしんや生田真心
    2.「理不尽ボール」(アンダーガールズ)秋元康つじたかひろ野中“まさ”雄一
    3.「最後のカタルシス」(白組)秋元康伊藤心太郎伊藤心太郎
    4.「ナギイチ off vocal ver.    
    5.「理不尽ボール off vocal ver.」    
    6.「最後のカタルシス off vocal ver.」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「ナギイチ(ミュージックビデオ)」  
    2.「最後のカタルシス(ミュージックビデオ)」  
    3.「ナギイチ(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」  
    4.「特典映像「NMB48 春の学力テスト -前編-」」  

    Type-B

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ナギイチ」秋元康すみだしんや生田真心
    2.「理不尽ボール」(アンダーガールズ)秋元康つじたかひろ野中“まさ”雄一
    3.「僕がもう少し大胆なら」(紅組)秋元康板垣祐介板垣祐介
    4.「ナギイチ off vocal ver.」    
    5.「理不尽ボール off vocal ver.」    
    6.「僕がもう少し大胆なら off vocal ver.」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「ナギイチ(ミュージックビデオ)」  
    2.「僕がもう少し大胆なら(ミュージックビデオ)」  
    3.「ナギイチ(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」  
    4.「特典映像「NMB48 春の学力テスト -後編-」」  

    Type-C

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ナギイチ」秋元康すみだしんや生田真心
    2.「理不尽ボール」(アンダーガールズ)秋元康つじたかひろ野中“まさ”雄一
    3.「初恋の行方とプレイボール」(NMBセブン)秋元康平隆介野中“まさ”雄一
    4.「ナギイチ off vocal ver.」    
    5.「理不尽ボール off vocal ver.」    
    6.「初恋の行方とプレイボール off vocal ver.」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「ナギイチ(ミュージックビデオ)」  
    2.「ナギイチ(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」  
    3.「特典映像「NMB48 feat.吉本新喜劇Vol.3」」  

    劇場盤

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ナギイチ」秋元康すみだしんや生田真心
    2.「最後のカタルシス」(白組)秋元康伊藤心太郎伊藤心太郎
    3.「僕がもう少し大胆なら」(紅組)秋元康板垣祐介板垣祐介
    4.わるきー(渡辺美優紀)秋元康小川コータ野中“まさ”雄一 
    5.「ナギイチ off vocal ver.」    
    6.「最後のカタルシス off vocal ver.」    
    7.「僕がもう少し大胆なら off vocal ver.」    
    8.「わるきー off vocal ver.」    

    選抜メンバー


    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ CMには選抜メンバー16名が出演。

    出典

    1. ^ ゴールドディスク認定作品一覧 2015年1月 一般社団法人 日本レコード協会)2015年2月11日閲覧。
    2. ^ 5月9日発売の4thシングルは「ナギイチ」!選抜メンバー発表のお知らせ ”. NMB48公式サイト (2012年3月30日). 2012年7月14日時点のオリジナル [リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
    3. ^ “NMB48が新曲「ナギイチ」完成を報告!囲み会見は“お色気”モード” . 東京ウォーカー (角川マガジンズ). (2012年3月30日) 2012年4月18日19:33閲覧。
    4. ^ NMB48 2012aNMB48 2012bNMB48 2012cNMB48 2012d
    5. ^ 2012年05月08日のCDシングルデイリーランキング ”. オリコン. 2012年5月10日閲覧。
    6. ^ “【オリコン】嵐、2期連続「月9」主題歌で34作目首位” . オリコン. (2012年5月15日) 2012年5月15日閲覧。
    7. ^ “【オリコン】NMB48、自己最高の初週37.6万枚 2位作品が11年ぶり30万枚超え” . オリコン. (2012年5月15日) 2012年5月15日閲覧。

    参考文献

    • NMB48「ナギイチ<通常盤Type-A>」のブックレット、laugh out loud! records、2012年 JAN 4571366488499 / YRCS-90011
    • NMB48「ナギイチ<通常盤Type-B>」のブックレット、laugh out loud! records、2012年 JAN 4571366488505 / YRCS-90012
    • NMB48「ナギイチ<通常盤Type-C>」のブックレット、laugh out loud! records、2012年 JAN 4571366488512 / YRCS-90013
    • NMB48「ナギイチ<劇場盤>」のブックレット、laugh out loud! records、2012年 JAN 4571366488529 / YRCS-90014

    外部リンク





    ソース


    情報の状況: 22.07.2021 11:29:53 CEST

    ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

    変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

    重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
    を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.