WikiFox

パスカル・ペレス (ボクサー)



パスカル・ニコラス・ペレスPascual Nicolás Perez、男性、1926年3月4日 - 1977年1月22日)は、アルゼンチンメンドーサ州出身のプロボクサー

パスカル・ペレス
Pascual Perez - El Gráfico - 1948.jpg
基本情報
通称 El León Mendocino
Terrier
階級 フライ級
身長 150cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 1926年5月4日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
メンドーサ州
死没日 1977年1月22日(50歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 92
勝ち 84
KO勝ち 57
敗け 7
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
男子 ボクシング
オリンピック
1948 ロンドン フライ級
左よりミゲル・アンヘル・カステリーニ、パスカル・ペレス、ビクトル・ガリンデス、1976年12月10日。ペレスには最後の写真となった

世界フライ級王座を9度防衛した。

目次


戦歴

  • 1948年ロンドンオリンピックフライ級で金メダルを獲得。
  • 1952年、鳴り物入りでプロデビュー。以来18戦連続KO勝利を記録する。
  • 1954年7月24日、アルゼンチンで白井義男と対戦も引き分けに終わり連勝は23でストップ。(白井義男 対 パスカル・ペレス戦
  • 1954年11月26日、初来日し、後楽園球場特設リングにてその白井が持つ世界フライ級王座に挑戦。判定の末勝利し王座獲得。
  • 1955年5月30日、後楽園球場にて白井との再戦を5RKOで返り討ちにして初防衛。
  • 1956年1月11日、レオ・エスピノサを判定で下し2度目の防衛。同年6月30日、オスカー・スアレスを11RTKOで退け3度目の防衛。
  • 1957年3月30日、Dai Dowerを1RKOで粉砕し4度目の防衛。同年12月7日、ヤング・マーティンを3RKOで下し5度目の防衛。
  • 1958年4月19日、ラモン・アリアスを判定で退け6度目の防衛。同年12月15日、Dommy Ursuaを判定で下し7度目の防衛。
  • 1959年1月16日、ノンタイトルで矢尾板貞雄に判定で初敗北を喫した。同年2月18日、米倉健志とノンタイトルで戦い判定勝利。
    同年8月10日、米倉の世界挑戦も判定で退け、8度目の防衛。
    同年11月5日、大阪プール特設リングで矢尾板貞雄と世界タイトルを賭けた再戦に臨み、これを13RTKOで制し9度目の防衛。
  • 1960年4月16日、ポーン・キングピッチに判定で敗れ遂に王座陥落、その年の9月22日、キングピッチにリターンマッチで挑むも8RTKO負け。
  • 1964年3月15日、Eugenio Hurtadoに6RTKO負けを喫し引退
  • 1977年1月22日、死去。50歳没。
  • 国際ボクシング名誉の殿堂博物館に顕彰されている。

戦績

84勝(57KO)7敗1分け


タイトル


関連項目


外部リンク

前王者
白井義男
第18代NBA世界フライ級王者

1954年11月26日 - 1960年4月16日

次王者
ポーン・キングピッチ




ソース


情報の状況: 19.07.2021 04:33:36 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.