WikiFox

ボート



ボート: boot; : boat)あるいは短艇(たんてい、端艇)は、通常、河川湖沼・沿岸で使用される小型船舶で、しばしばより大型の船舶に搭載されて運用される。

イギリスドーセット・プール港の7クラス救難艇(イギリスの最大クラス(全長17m)の救難艇

目次


ボートの語義

日本では日常会話で一般的に、全長数メートル程度小型の船を「ボート」と表現することが多いが、英語ではニュアンスが多少異なっている。英語のカタカナ語のボートに相当する言葉としては「dinghy」(ディンギー)があるが、通常ボートとは呼ばないヨットの一部を含意する。

  • 英語では大きさ問わずに全般をボートと呼ぶ場合がある。
  • 英語ではヨットはボートに含まれる〈sailboat〉。
  • 海軍用語のボートは、他の船で運搬できるくらいの小さな舟艇を指す(例:PTボート上陸用舟艇カッターボートなど)。
  • アメリカ海兵隊においては航空母艦などの大型艦も日常的にボートと呼ばれている。
  • 現代の潜水艦も、その潜水能力と大きさにもかかわらず、ボートと呼ばれる。これは初期の潜水艦が船で運搬され、単独での沖合航海能力を持たなかったからである。
  • イギリス海軍では、手こぎ舟も含めて水上を航行するものはシップ (ship) であるが、潜水艦はボートである。

大型船舶に搭載されるボートとしては、他に救命ボート、ホエールボートなどがある。多くのボートと異なり、これらは沖合でも運用される。

レイクフレイター、リバーボート、ナロウボート、そしてフェリーに見られるように、小型とは言いがたいボートもある。


用途

ボートは軍事や調査研究・商用目的で使われる。私的で非商用の船舶は、大きさにかかわらずほとんどがボートである。


ソーラーボート

太陽光を電気に変換してモーターを駆動して航行する。主に海洋工学系の大学で研究されており、競技会も開催される。事実上、エネルギーは無尽蔵なので、気象観測などの無人観測艇の動力としても使用が期待される。


画像


関連項目


外部リンク





ソース


情報の状況: 19.07.2021 05:17:45 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.