WikiFox

ヨゼフ・チャペック



ヨゼフ・チャペックチェコ語: Josef Čapek1887年3月23日 - 1945年4月)は、チェコの画家、著作家、園芸家

ヨゼフ・チャペック
Josef Čapek
Josef Capek 1937.jpg
誕生 1887年3月23日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国フラデツ・クラーロヴェー州フロノフ
死没 1945年4月??
ドイツ国ベルゲン・ベルゼン強制収容所
職業 画家作家
国籍 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴

オーストリア=ハンガリー帝国ボヘミア地方(後にチェコスロバキアを経てチェコ共和国)・フロノフに生まれる。チェコの国民的作家であるカレル・チャペックの実兄として知られるが、13歳で学業のため家族と離れ、20歳でカレルと再会して以降は画家としての活動に留まらず、カレルとの共著で多くの舞台劇や短篇の物語(主に児童書)、批評文を執筆したり、また、カレルの著作を含めた多くの書籍の装丁や挿絵を手がけた。1929年に弟カレルが出版した『園芸家12カ月』に挿絵を書き、兄弟は園芸家としても知られている。

プラハにあるチャペック兄弟の碑(ヨゼフ側)

1916年、チャペック兄弟として正式にデビュー。1921年、カレルと共にプラハの「Lidové Noviny 紙」に入社して紙面の風刺漫画を担当したが、ナチズムアドルフ・ヒトラーに対する際どい批判により、ドイツがチェコスロバキアに侵攻した1939年に逮捕・収監され、1945年4月、ベルゲン・ベルゼン強制収容所で亡くなった。

カレルの代表作でもある戯曲『R.U.R.』における「ロボット」という用語を考案したという話でも知られている。また、自身がイラストも担当した『こいぬとこねこは愉快な仲間』(Povídání o pejskovi a kočičce)はチェコの児童文学における古典として知られる。


主な日本語訳

  • 『人造人間 ヨゼフ・チャペックエッセイ集』飯島周編訳、平凡社、2000年
  • 『こいぬとこねこのおかしな話』木村有子訳、岩波少年文庫、2017年
  • 『独裁者のブーツ イラストは抵抗する』増田幸弘・増田集編訳、共和国、2019年

作品





ソース


情報の状況: 18.07.2021 09:24:04 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.