WikiFox

冬のオペラグラス



冬のオペラグラス」(ふゆのオペラグラス)は、新田恵利のソロデビュー・シングル。1986年1月1日発売。発売元はキャニオンレコード

冬のオペラグラス
新田恵利シングル
初出アルバム『ERI
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル キャニオンレコード
チャート最高順位
新田恵利 シングル 年表
冬のオペラグラス
(1986年)
恋のロープをほどかないで
(1986年)
テンプレートを表示

目次


解説

おニャン子クラブとして活動していた新田のソロデビュー作。オリコンチャートでは、1月6日〜1月27日付までの4週連続(年末年始の2週合算週分含む)1位を獲得した[1]

TBS系の音楽番組『ザ・ベストテン』では、1月16日放送分で8位で初登場。合計6週に渡ってランクインした[3]

1986年6月末現在でのシングル売上はレコード会社の公称で52万枚[4]

おニャン子クラブの仕掛け人で、かつ作詞を担当した秋元康もこの曲のヒットは予想以上であったらしく、後年、雑誌『The Ichiban(オリコン)』でのインタビューでは「ミトコンドリアたちが一斉に動き出した感じがした」と感想を述べた[要出典]

1987年9月20日、代々木第一体育館でのおニャン子クラブ解散コンサートに出演し、この曲を披露した。また、同じくゲスト出演した中島美春と「星座占いで瞳を閉じて」も披露している。

後年『速報!歌の大辞テン』にVTR出演した際、1番サビを終えた後のフェイクをどのようにするか最後までなかなか決まらなかった、という裏話を披露した[要出典]


収録曲

  1. 冬のオペラグラス 
  2. ロマンスは偶然のしわざ 
    • 作詞: 秋元康 作曲:山川恵津子 編曲: 佐藤準
    • 新田恵利 with おニャン子クラブ(中島美春・福永恵規・内海和子)

収録作品


脚注

  1. ^ a b c オリコンランキング情報サービス you大樹
  2. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  3. ^ a b c 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」2004年12月、ISBN 978-4-0489-4453-3
  4. ^ 「おニャン子旋風 不況レコード界の“救世主”」『朝日新聞』1986年7月17日付東京夕刊、15頁。




ソース


情報の状況: 20.07.2021 07:48:56 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.