WikiFox

新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて



新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて』(しんじゅくのおんな/えんかのほし ふじけいこのすべて)は、1970年3月藤圭子がリリースしたアルバム。シングル『女のブルース』と同時に1位に輝くなど、藤圭子の人気は絶頂期だった。

新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて
藤圭子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル 演歌
レーベル RCA/日本ビクター
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1970年度年間1位(オリコン)
藤圭子 アルバム 年表
新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて
(1970年)
女のブルース
(1970年)
テンプレートを表示

目次


解説

  • リリースされて1ヶ月も経たないうちにオリコンLPチャートの1位を獲得し、3月末から8月初めの20週間にわたり1位を守り抜いた。なお、21週目にこのアルバムの1位を阻止したのは、セカンド・アルバムの『女のブルース』であった。『女のブルース』もまた16週連続1位を達成し、内山田洋とクール・ファイブとの混成アルバム『演歌の競演 清と圭子』が『女のブルース』と入れ変わる形で5週連続で1位になり、41週連続で1位を獲得し続けた。
  • 五木寛之が1970年6月7日付 毎日新聞日曜版 エッセイ『艶歌と援歌と怨歌』でこのLPを取り上げたことで、藤圭子が『怨歌』の代表のようにマスコミで扱われることになった[1]
  • 2013年4月 復刻版CD発売。

収録曲

  1. 新宿の女
    作詞:みずの稔・石坂まさを共作/作曲:石坂まさを
  2. 星の流れに菊池章子のカバー
    作詞:清水みのる/作曲:利根一郎
  3. あなたのブルース矢吹健のカバー
    作詞・作曲:藤本卓也
  4. カスバの女エト邦枝のカバー
    作詞:大高ひさを/作曲:久我山明
  5. 命かれても森進一のカバー
    作詞:鳥井実/作曲:彩木雅夫
  6. 逢わずに愛して内山田洋とクール・ファイブのカバー
    作詞:川内康範/作曲:彩木雅夫
  7. 夢は夜ひらく
    作詞:石坂まさを/作曲:曽根幸明
  8. 柳ヶ瀬ブルース美川憲一のカバー
    作詞・作曲:宇佐英雄
  9. 東京流れもの渡哲也のカバー
    作詞:石坂まさを/作曲:不詳
  10. 花と蝶/森進一のカバー
    作詞:川内康範/作曲:彩木雅夫
  11. 長崎ブルース青江三奈のカバー
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信
  12. 生命ぎりぎり
    作詞・作曲:石坂まさを

関連項目


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 五木寛之 (1971), “怨歌の誕生”, 四月の海賊たち: 五木寛之作品集, 文芸春秋

外部リンク





ソース


情報の状況: 19.07.2021 11:08:07 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.