WikiFox

春よ、来い (松任谷由実の曲)



春よ、来い」(はるよ こい)は、松任谷由実の26枚目のシングル。1994年10月24日東芝EMIからリリースされた (TODT-3360)。26枚目のオリジナルアルバム『THE DANCING SUN』にはalbum mixを収録。

春よ、来い
松任谷由実シングル
初出アルバム『THE DANCING SUN
A面 春よ、来い
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1994年度年間47位(オリコン)
  • 1995年度年間49位(オリコン)
  • 松任谷由実 シングル 年表
    Hello, my friend
    (1994年)
    春よ、来い
    (1994年)
    輪舞曲
    (1995年)
    プロモーションビデオ
    「春よ、来い」 - YouTube
    視聴動画
    「春よ、来い」 - YouTube
    収録アルバムTHE DANCING SUN
    Oh Juliet
    (9)
    春よ、来い
    (10)
    テンプレートを表示

    目次


    解説

    同名のNHK連続テレビ小説主題歌。カップリングなしの500円シングルとして発売された。安田成美主演の第1部には1番が、中田喜子主演の第2部には2番が流された。後に音楽文部科学省検定済教科書のほか、詩として光村図書出版刊の中学2年生国語教科書にも掲載された。歌詞の一部は文語体で書かれている。最後のサビの繰り返しでは、童謡「春よ来い」(相馬御風作詞、弘田龍太郎作曲)の一節がコーラスで歌われている。小学校や中学校の卒業ソングとしても人気がある。

    ハウステンボス「チューリップ祭」CMソング、読売新聞「メガ文字キャンペーン」CMソング、サントリー「BOSSレインボーマウンテンブレンド」CMソング、全日本空輸「夢見るヒコーキ 故郷篇」CMソング。

    自身のシングルとしては『真夏の夜の夢』『Hello, my friend』に続いて3番目に売れたシングルである。2018年現在シングルの中では本作が最後の1位獲得とミリオンセラーである。ライブ(特にアンコール)でもよく歌われる楽曲である。オリコンチャートの登場週数は22週、チャート最高順位は週間1位、累計116.4万枚のセールスを記録した[1]

    日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」にて1997年1999年の2度コラボ企画を行っている。1回目は1997年3月の松任谷由実のライブに当時番組の企画で「モテないブラザーズ」と称していたウッチャンナンチャン内村光良K2勝俣州和に当曲のピアノ演奏を披露してもらい、2回目の1999年には、年末年始特番兼ライブとして、ポケットビスケッツとのコラボでこの「春よ、来い」をはじめとした名曲メドレーとユーミンと千秋との共作などを披露した。

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被災地を支援するため、本曲にちなんでユーミンとNHKは共同で「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトを行っている。このプロジェクトでは、「春よ、来い」のコーラスを歌った動画を一般募集し、これらの動画を重ね合わせた新バージョンをインターネット配信し、その収益を被災地支援のために全額寄付するとしている[2]。ユーミンは『第62回NHK紅白歌合戦』に本曲(「(みんなの)春よ、来い」)をもって出場し、紅組として第45番目に歌唱された。当初は紅組トリでの歌唱の可能性も示唆されていた。


    収録曲

    1. 春よ、来い (single mix)
    2. 春よ、来い(オリジナル・カラオケ)

    作詞・作曲: 松任谷由実 編曲: 松任谷正隆


    参加ミュージシャン

    • キーボード&プログラミング:松任谷正隆
    • シンセサイザープログラミング:山中雅文
    • ハイハット&シンバル:島村英二
    • ベース:リーランド・スカラー
    • パーカッション:Michael Fisher
    • バックコーラス:松任谷由実

    浜崎あゆみのカバー

    春よ、来い
    浜崎あゆみ配信限定シングル
    収録アルバムA BALLADS 2
    リリース2021年3月12日
    規格デジタル・ダウンロード
    ジャンルJ-POP
    時間5分2秒
    レーベルavex trax
    作詞者松任谷由実
    作曲者松任谷由実
    プロデュースMAX MATSUURA
    浜崎あゆみ 年表
    MY ALL (Chinese version)
    2020年
    春よ、来い
    2021年
    23rd Monster
    (2021年)
    A BALLADS 2 収録曲
    ミュージック・ビデオ
    「春よ、来い」 - YouTube

    春よ、来い』(はるよ、こい)は浜崎あゆみの配信限定シングル

    解説

    配信限定シングルとしては、前作『MY ALL (Chinese version)』より約7ヶ月振りのリリースとなる。

    本作は後に発売されたバラード・ベスト・アルバム『A BALLADS 2』のリリースに先駆け、動画サイトYouTubeにて、収録曲やジャケット写真などの詳細な情報解禁企画の第三弾として3月6日に、松任谷由実の同名楽曲の完全未発表によるカバー曲として追加収録される事が発表され[3]、後に先行として、3月12日に配信されるのと同時にミュージック・ビデオが公開された[4]

    また、浜崎は2003年に本楽曲をテレビで歌唱したことがあり、かねてよりファンから音源化の要望が寄せられていたのだと言い[4]、それから18年越しの音源化が成された。さらに浜崎にとって思い入れの深い楽曲との事であり、2020年5月にApple Musicが"Stay Home"をテーマとして展開させた『At Home With Apple Music 〜うちで過ごそう〜』にてアーティストが選曲して作られたプレイリストに参加した際、本楽曲が選曲されている[4]

    なお、松任谷由実の楽曲をカバーしたのは、前作『A BALLADS』に収録された「卒業写真」のカバー以来、2度目となった[3]

    収録曲

    1. 春よ、来い [5:02]
      words・composition:Yumi Matsutoya / arrangement:Yuta Nakano

    カバー


    脚注

    1. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、731頁。ISBN 978-4-87131-088-8。
    2. ^ NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS「(みんなの)春よ、来い」プロジェクト
    3. ^ a b 浜崎あゆみがユーミン「春よ、来い」カバー、バラードベスト収録の31曲発表 ”. 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー. 2021年3月6日閲覧。
    4. ^ a b c 浜崎あゆみ、「春よ、来い」カヴァーを配信 ”. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. BARKS. 2021年3月6日閲覧。
    5. ^ May J.カバーアルバム第3弾で日本の名曲歌う ”. 音楽ナタリー (2016年1月5日). 2016年1月5日閲覧。

    外部リンク

    • 松任谷由実オフィシャルサイトによる紹介ページ




    ソース


    情報の状況: 19.07.2021 04:26:09 CEST

    ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

    変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

    重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
    を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.