WikiFox

横山和生



横山 和生(よこやま かずお、1993年3月23日-)は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手茨城県出身。美浦トレーニングセンター所属で現在はフリー[2]

横山和生
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 1993年3月23日(28歳)
身長 167.2 cm
体重 52 kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・勢司和浩(2011.3.1 - 2016.10.31)
美浦・フリー (2016.11.1 - )
初免許年 2011年
免許区分 平地[1]
テンプレートを表示

目次


人物

父はJRA騎手の横山典弘、弟はJRA騎手の横山武史、伯父はJRA競馬学校教官の横山賀一、義理の叔父はJRA調教師菊沢隆徳、祖父は元JRA騎手の横山富雄、伯祖父は元JRA調教師奥平真治である。

幼いころから父の典弘を見て競馬騎手を目指し、中学卒業後に競馬学校に入学。2011年3月競馬学校騎手課程第27期生として美浦・勢司和浩厩舎より騎手デビューを果たす。同期には嶋田純次森一馬杉原誠人藤懸貴志らがいる。目指す騎手は武豊。「一鞍一鞍を大切にし、最後まであきらめない騎手になりたい」を目標とし、新人賞を狙うと言う抱負も述べている。

親子3代騎手デビューは国営競馬時代に武平三武永祥武英智一家の例があるが[3]、1954年日本中央競馬会発足後では初の事象となった[4]

初騎乗は2011年3月5日中山1レースでディアアルジャンに騎乗して15着、同日父である典弘との初対決も直後の第2競走でさっそく実現し、このときは和生がゴールデンファストに騎乗して6着、父の典弘はパヤドールに騎乗して3着となり、初の親子対決は典弘が先着した[3]。初勝利は同年4月30日新潟7レースのローレルカンタータで達成している[5]

2014年には国際見習騎手招待競走アジアヤングガンズチャレンジに道営阿部龍と共に日本代表騎手として選出され自身初の海外遠征を行う(結果は12人中11位タイ)[6]。なお2020年にはUAEダービーに出走するデルマオニキスに騎乗するため2度目の海外遠征が予定されていたがCOVID-19による開催中止に伴い遠征は取りやめとなった。

2017年3月より弟武史も騎手免許を取得。同年8月6日札幌4レースで横山典弘 (10着)・和生 (14着)・武史 (11着) の親子3人が初めて同一レースに騎乗[7]、また9月8日中山9レースでは木幡初広・初也親子に次ぐ2例目となるJRA所属の親子騎手ワンツーを決めた[8]。(親子騎手ワンツーは鮫島克也 (佐賀)・良太 (JRA) 親子が5例記録している[9])

2017年4月23日福島競馬第3Rをリョウランヒーローで勝利して2368戦目でJRA通算100勝を達成した[10]

2021年6月13日札幌競馬第7Rをコーリングローリーで勝利して3950戦目でJRA通算200勝を達成した[11]


騎手成績

  • JRA公式[1]およびnetkeiba[12]より
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2011年3月5日 2回中山3日1R 3歳未勝利 ディアアルジャン 16頭 10 15着
初勝利 2011年4月30日 1回新潟3日7R 4歳上500万下 ローレルカンタータ 15頭 3 1着
重賞初騎乗 2012年8月19日 2回札幌2日11R 札幌記念 ネヴァブション 14頭 14 12着
重賞初勝利 2018年8月12日 1回札幌6日11R エルムステークス ハイランドピーク 14頭 2 1着
GI初騎乗 2014年4月13日 2回阪神6日11R 桜花賞 フクノドリーム 18頭 18 15着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2011年 4 6 6 194 .021 .052 .082
2012年 12 9 13 311 .039 .068 .109
2013年 39 25 38 610 .064 .105 .167
2014年 12 20 22 480 .025 .067 .113
2015年 14 5 20 264 .053 .072 .148
2016年 15 18 20 386 .039 .085 .137
2017年 10 11 9 338 .030 .062 .089
2018年 9 16 8 255 .035 .098 .129
2019年 17 12 16 322 .053 .090 .140
2020年 30 37 41 530 .057 .126 .204 フェアプレー賞(関東)
中央 184 176 209 3875 .047 .093 .147
地方 1 1 1 17 .058 .118 .176

主な騎乗馬


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b JRA騎手名鑑/横山和生 ”. JRA. 2020年5月28日閲覧。
  2. ^ 横山和生騎手、フリーに netkeiba.com、2016年11月1日閲覧
  3. ^ a b 横山典弘VS和生の親子初対決は父が先着 ”. ウマニティ (2011年3月5日). 2020年5月16日閲覧。
  4. ^ 競馬学校卒業7名が新規騎手免許試験に合格 ”. ラジオNIKKEI (2011年2月10日). 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ 横山和生騎手 JRA初勝利 ”. ラジオNIKKEI (2011年4月30日). 2020年5月16日閲覧。
  6. ^ アジアヤングガンズチャレンジ~横山和生騎手の騎乗成績について ”. ラジオNIKKEI (2014年8月3日). 2020年5月24日閲覧。
  7. ^ 横山、親子3人初共演!三男・武史「今度は重賞で」 ”. sanspo (2017年8月7日). 2020年5月24日閲覧。
  8. ^ 中山9Rで横山騎手親子のワンツーフィニッシュ ”. net keiba com (2017年9月10日). 2020年5月24日閲覧。
  9. ^ 木幡親子、JRA史上初ワンツー ”. race.sanspo.com (2017年6月4日). 2020年5月24日閲覧。
  10. ^ 横山和生騎手がJRA通算100勝を達成 ” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2017年4月23日). 2021年6月13日閲覧。
  11. ^ 横山和生騎手が札幌7Rで現役58人目のJRA通算200勝達成 ” (日本語). スポーツ報知 (2021年6月13日). 2021年6月13日閲覧。
  12. ^ 横山和生 重賞出走レース ”. netkeiba. 2020年5月28日閲覧。

関連項目





ソース


情報の状況: 21.07.2021 06:14:34 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.