WikiFox

清水秀雄



清水 秀雄(しみず ひでお、1918年7月8日 - 1964年3月23日)は、島根県出身のプロ野球選手。ポジションは投手一塁手外野手

清水 秀雄
Hideo Shimizu 1950 Scan10011.jpg
1950年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県
生年月日 1918年7月8日
没年月日 1964年3月23日(45歳没)
身長
体重
174 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手 一塁手 外野手
プロ入り 1940年
初出場 1940年3月15日
最終出場 1953年9月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次


来歴・人物

米子中学校(現米子東高校)では1935年甲子園にエースとして春夏連続出場(いずれも初戦敗退)。バッテリーを組んだのは井上親一郎慶應大-元国鉄主将)だった。中学卒業後は明治大学へ進学し、東京六大学リーグ1937年春季から1938年秋季にかけて、リーグ初の4連覇に貢献した。リーグ通算47試合登板、17勝8敗、防御率1.86、184奪三振。

1940年南海へ入団すると、3月に初登板無失点勝利を達成したのを始めとして、1年目から二桁となる11勝を挙げ、チームトップ(リーグ11位)となる防御率1.75を記録する。「三振か四球か」と言われた、荒れ球の豪速球とブレーキのあるカーブを駆使して活躍する[1]。ドロップも投げる。 この年の270奪三振はリーグ3位であったが、9イニング当たりの奪三振7.89個は2位以下を1個以上引き離して1位となっている。また同年には2度の毎回奪三振を記録しているが、通算かつ1シーズンで2度の達成は清水が日本プロ野球初[2]。なお、この年には一塁手としても56試合出場して規定打席に到達し、打者としてもチームトップ(リーグ19位)の打率.227を記録している。同年末に応召し、1941年中国戦線に対する貫通銃創を受ける。1942年南海に復帰するが、銃創の後遺症によりスローカーブ主体の軟投派として生き延びることになる[1]

戦後の1946年には松江中学校(現松江北高校)を率いて夏の甲子園でベスト8に進出した。同年はグレートリングに所属していたが、シーズン途中に中部日本へ移籍し、1947年には自己最多となる23勝を挙げ、リーグ7位の防御率1.93記録。1948年1949年の両年とも12勝を挙げて4年連続で二桁勝利を記録。1952年からは大洋ホエールズでプレーし、1953年に通算100勝を達成して同年引退。引退後は米子市朝日町で飲食店を経営した。

野手としても活躍していることからわかる通り打撃が得意で、4番打者を19回務めている。ベテラン外野手打球を追ってひっくり返りエラーすると、監督でもないのに自分でさっさと外野手を交代させてしまったこともあった。美男子で、ファンが多かった。


詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1940 南海
近畿日本
グレートリング
92 355 317 24 72 9 10 2 107 32 3 -- 3 1 34 -- 0 35 -- .227 .302 .338 .640
1942 13 39 39 2 9 1 1 0 12 5 0 0 0 -- 0 -- 0 1 -- .231 .231 .308 .538
1943 14 39 27 4 9 0 0 0 9 2 0 0 1 -- 10 -- 1 1 -- .333 .526 .333 .860
1944 35 146 134 8 26 4 1 0 32 9 1 0 0 -- 11 -- 0 4 -- .194 .255 .239 .494
1946 24 87 79 14 23 6 1 0 31 11 2 1 0 -- 8 -- 0 2 -- .291 .356 .392 .749
中部日本
中日
4 11 9 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 -- 2 -- 0 1 -- .111 .273 .111 .384
'46計 28 98 88 15 24 6 1 0 32 12 2 1 0 -- 10 -- 0 3 -- .273 .347 .364 .711
1947 65 166 144 8 34 2 1 1 41 14 1 1 1 -- 21 -- 0 8 -- .236 .333 .285 .618
1948 86 204 196 15 43 6 0 4 61 28 1 2 0 -- 8 -- 0 20 -- .219 .250 .311 .561
1949 32 82 79 10 19 4 0 1 26 7 0 0 0 -- 3 -- 0 5 -- .241 .268 .329 .597
1950 24 51 51 5 11 1 0 0 12 3 0 0 0 -- 0 -- 0 4 0 .216 .216 .235 .451
1952 大洋
洋松
29 57 53 6 11 3 1 0 16 7 0 1 2 -- 2 -- 0 2 0 .208 .236 .302 .538
1953 15 31 27 3 8 1 1 0 11 3 0 0 3 -- 1 -- 0 0 3 .296 .321 .407 .729
通算:11年 433 1268 1155 100 266 37 16 8 359 122 8 5 10 1 100 -- 1 83 3 .230 .292 .311 .603
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海軍)は、1944年途中に近畿日本(近畿日本軍)に、1946年にグレートリングに球団名を変更
  • 中部日本は、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更
  • 大洋(大洋ホエールズ)は、1953年に洋松(大洋松竹ロビンス)に球団名を変更

年度別投手成績





















































W
H
I
P
1940 南海
近畿日本
グレートリング
42 38 25 3 0 11 23 -- -- .324 1343 308.0 200 0 217 -- 1 270 5 0 119 60 1.75 1.35
1942 8 7 5 1 0 4 3 -- -- .571 255 63.1 32 0 40 -- 1 43 1 0 10 7 0.98 1.14
1943 8 7 5 1 0 2 3 -- -- .400 256 59.1 50 0 27 -- 3 44 0 0 20 13 1.95 1.30
1944 23 21 19 3 0 8 12 -- -- .400 803 189.0 146 1 97 -- 3 97 0 0 65 40 1.90 1.29
1946 12 5 4 1 0 8 2 -- -- .800 340 80.0 62 5 41 -- 1 49 0 0 32 27 3.04 1.29
中部日本
中日
4 4 2 0 0 2 1 -- -- .667 134 29.1 35 0 12 -- 0 8 0 0 17 16 4.80 1.60
'46計 16 9 6 1 0 10 3 -- -- .769 474 109.1 97 5 53 -- 1 57 0 0 49 43 3.52 1.37
1947 42 36 32 7 3 23 12 -- -- .657 1334 330.2 291 10 87 -- 4 129 0 1 93 71 1.93 1.14
1948 32 30 19 3 2 12 17 -- -- .414 962 225.0 222 13 67 -- 3 54 1 0 98 80 3.20 1.28
1949 24 24 17 2 0 12 9 -- -- .571 746 176.1 177 15 59 -- 1 58 3 0 80 62 3.15 1.34
1950 22 20 6 1 0 9 5 -- -- .643 528 120.0 138 5 48 -- 1 34 3 0 64 56 4.20 1.55
1952 大洋
洋松
28 20 8 1 0 7 10 -- -- .412 659 150.0 166 12 61 -- 2 40 4 2 89 81 4.86 1.51
1953 15 14 2 1 0 5 3 -- -- .625 342 80.1 76 9 29 -- 1 27 0 0 32 29 3.22 1.31
通算:11年 260 226 144 24 5 103 100 -- -- .507 7702 1811.1 1595 70 785 -- 21 853 17 3 719 542 2.69 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海軍)は、1944年途中に近畿日本(近畿日本軍)に、1946年にグレートリングに球団名を変更
  • 中部日本(中部日本軍)は、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更
  • 大洋(大洋ホエールズ)は、1953年に洋松(大洋松竹ロビンス)に球団名を変更

記録

  • 初登板無失点勝利:1940年3月15日
  • 通算100勝:1953年4月19日 ※史上15人目
  • 毎回奪三振 通算と1シーズンの2度の達成はそれぞれ日本プロ野球初[3]
  • 1940年6月18日、対阪急軍戦、13奪三振
  • 1940年11月16日、対阪急軍戦、延長12回を17奪三振

背番号

  • 5 (1940年、1942年 - 1943年、1952年 - 1953年)
  • 8 (1946年 - 同年途中)
  • 14 (1946年途中 - 1950年)

注:昭和19年は全6チームで背番号廃止


脚注

  1. ^ a b 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年、61ページ
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」692ページ
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」692ページ

関連項目


外部リンク





ソース


情報の状況: 19.07.2021 04:36:34 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.