WikiFox

竹内明太郎



竹内 明太郎(たけうち めいたろう、安政7年2月28日1860年3月20日〉 - 1928年昭和3年〉3月23日)は、現在の高知県宿毛市出身の明治大正期の実業家衆議院議員早稲田大学理工学部設立者。竹内綱の長男で吉田茂の兄(異母兄とも)。麻生太郎の大伯父。子は横浜高等工業学校横浜国立大学の前身の一つ)教授の竹内強一郎、孫は地理学者、一橋大学教授日本地理学会会長の竹内啓一、曾孫に、TBSテレビ報道局記者・ニュースキャスターである竹内明、企業経営者の竹内在がいる。エッセイストの麻生和子(茂の三女)は姪、学者の吉田健一(茂の長男)は甥に当たる。


来歴・人物

上京して自由民権運動に関わり、自由党に入党して『東京絵入自由新聞』を創刊する。その後、佐賀県の芳谷炭鉱[1]を経営した。

1902年(明治35年)には遊泉寺銅山の開発に着手すると、1917年遊泉寺銅山の附属施設として小松鉄工所(後の小松製作所)を設立した[2]

唐津鉄工所の創立者でもあり、日産自動車の前身の快進社等を設立し、さらに早稲田大学理工学部、高知県工業高等学校(現・高知県立高知工業高等学校)などを創設し、工業立国に尽力した。ちなみに国産第1号車のダットサン(DAT)のTは竹内明太郎の頭文字である。

1915年大正4年)、第12回衆議院議員総選挙立憲政友会(高知県郡部区)から出馬して当選[3]し、2期務めた。1928年3月25日、肺炎で死去した。享年68。


脚注

[脚注の使い方]




ソース


情報の状況: 19.07.2021 05:17:38 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.