WikiFox

若槻清尚



若槻 清尚(わかつき きよなお)は、戦国時代武将信濃村上氏の家臣。

 
凡例
若槻清尚
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文17年2月14日1548年3月23日
官位 左京亮(受領名)
主君 村上義清
氏族 清和源氏義隆流若槻氏
清継、高季
テンプレートを表示

若槻氏は清和源氏の流れを汲む信濃源氏の一流。河内源氏源義隆の次男・若槻頼隆の孫の五郎頼仲(北白川蔵人)を祖とする。若槻氏は戦国時代に信濃村上氏に臣従した。


概要

天文7年(1538年6月越後国守護代長尾晴景の軍勢が信濃国北部に攻め入った際に活躍し、13の首級を取るという武勇伝がある。「若槻村上系図」によれば6月15日に為景(晴景の誤りであるとされる)と稲附原にて戦い、合戦は1日に13度に及んだと記している。

その後、信濃村上氏は信濃攻略を狙う武田信玄と対立、雌雄を決すべく主君・村上義清は天文17年(1548年)1月18日に反武田勢力を結集し、産川下流の西方の天白山(須々貴山)に陣を張り、武田軍の侵攻に備えた。これに対して、武田軍は本拠である甲斐国躑躅ヶ崎館2月1日に出陣し14日に両軍が激突する(上田原の戦い)。この戦いで村上方は辛くも勝利し武田勢を敗走させるも、清尚は討ち死にした。

その後、子・清継が後を継ぐが、再び信濃に攻め入った武田軍の攻勢の前に村上氏はついに滅亡の憂き目に遭うことになる。「村上家伝」には義清が越後に落ち延びる際、清継が従った。これにより若槻頼隆以来、信濃に住した若槻氏は故地を逸することとなった。





ソース


情報の状況: 20.07.2021 11:16:50 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.