WikiFox

BE THERE



B'z > 作品リスト > BE THERE

BE THERE」(ビー・ゼアー)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。1990年5月25日にBMGルームスより4作目のシングルとして発売された。

BE THERE
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "Pleasure"
B面 星降る夜に騒ごう
リリース
規格
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲
プロデュース 中島正雄
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 週間3位(再発盤・オリコン)[1]
  • 1990年6月度月間10位(オリコン)
  • 1990年度年間60位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • BE THERE
    • (1990年)
    B'z The Best "Pleasure" 収録曲
    太陽のKomachi Angel
    (9)
    BE THERE
    (10)
    Don't Leave Me
    (11)
    ミュージック・ビデオ(short ver.)
    「BE THERE」 - YouTube
    テンプレートを表示

    目次


    概要

    B'zとしては初となるアルバムと同時発売ではない単独シングル作品。2003年3月26日にリマスタリング、12cm化で再発売された。ジャケットに初めてタイアップ表示された。作品によって裏ジャケット、歌詞面、CDレーベル面にも表示がある。これは17thシングル『love me, I love you』まで続いた。

    このシングルから2曲目を「2nd beat」と呼ぶようになった。また、このシングルからしばらくの間1st beatのみがオリジナル・アルバムに収録されるようになる[注釈 1]

    また、B'zメンバーを中心とした音楽製作集団「B+U+M」のクレジットが、このシングルから表記されるようになる。これは15thシングル『MOTEL』まで記載され、その後解体された。

    オリコン集計では不利となる金曜日発売であったが、B'zとしてはシングルで初めてオリコン初登場10位以内にランクイン(初登場第7位)した。2003年の再発シングルは全体の中でも好調な売り上げで週間3位にランクインし、最高位を更新している[2][1]。また、トップ10返り咲きが12年9ヶ月ぶりとなり、自身の最長インターバル期間を記録した。殆ど間を置かずに(3週間程度)発売された次作『太陽のKomachi Angel』とともにロングセラーとなり、B'zのシングルとしては8thシングル『LADY NAVIGATION』に次ぐロングセラー作。

    1990年に発売された際の初回特典として、ステッカーが封入されていた[3]。2003年に再発売された際は、初回特典として当時のB'zの写真を使ったピクチャーレーベル仕様で、全ての再発シングルを収納するCDボックスの応募券と応募はがきが付属していた。


    収録曲

    1. BE THERE (4:15)
      元々はアルバム『BREAK THROUGH』の頃に制作されていたが締切に間に合わず未収録となり、期間をおいてシングル発売に変更された経緯がある[4]。その為メンバーは、2008年に行われたツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』のパンフレット内のインタビューで『BREAK THROUGH』からの先行シングルと勘違いしていた。
      イントロでは、左右に音を振って始まる。これはもともと曲として出来上がっていた音を、更にもう一度サンプリングしたものであり、当時のエンジニアの野村昌之は「今ではコンピューターのおかげで簡単に短時間で出来てしまう事が、この頃はとても大変で凄く時間が掛かりました」とコメントしている[5]
      シングル表題曲では初めてオリジナル・アルバムには未収録となり、ベスト・アルバム『B'z The Best "Pleasure"』が発売されるまで約8年間アルバム未収録のままだった。B'zのシングルでは最もアルバム未収録の期間が長い曲である。
      B'z LIVE-GYM "BREAK THROUGH"』のアンコールで未発表曲として先行披露されていた。また、PVは同ライブでのライブ映像や移動中の映像を編集したドキュメント的なものになっており、列車内や女子学生、青森駅前なども映っている[6]
      テレビ朝日系列の音楽番組『ミュージックステーション』に初出演した際に披露した楽曲でもある[注釈 2]
      ライブではフェードアウトではなくCD音源に則った形でアレンジされ演奏されている。
    2. 星降る夜に騒ごう (4:42)
      初期のPleasureツアーでよく演奏され、『B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"』では、「GO! NUDE! GO!」や「KARA・KARA」とともに演奏された。
      2003年に行われた「Final Pleasureで聴きたい曲」のファン投票でも20位を獲得するなど、初期の隠れた人気曲であるが、前記の『B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"』以降はライブでは演奏されず、2020年に行われた無観客配信ライブ『B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』のDay1にて約27年ぶりに演奏された[8][9]
      現在もアルバム未収録のままである。

    タイアップ


    参加ミュージシャン


    収録アルバム

    BE THERE


    ライブ映像作品

    BE THERE

    星降る夜に騒ごう


    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ この傾向が崩れたのは15年後の14thアルバム『THE CIRCLE』から
    2. ^ ただし、同番組に出演した日時は、本作がリリースされる前の5月4日だった[7]

    出典

    1. ^ a b ■ オリコン ENTERTAINMENT SITE ”. オリコン (2003年4月7日). 2003年4月8日時点のオリジナル よりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。
    2. ^ 「BE THERE/B'z」は○○初出演時に演奏した思い出のナンバー!【歌詞&PVアリ】 ”. OTOKAKE. 株式会社Tech Factory. 2018年12月8日閲覧。
    3. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「限定」の項) ”. エムアールエム. 2019年10月12日閲覧。
    4. ^ 『ギターブック/GB』1990年7月号、CBS・ソニー出版
    5. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「サンプリング」「sampling」の項) ”. エムアールエム. 2020年10月25日閲覧。
    6. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1988-1998』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ(初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    7. ^ 出演者ラインナップ ”. ミュージックステーション. テレビ朝日 (1990年5月4日). 2020年7月12日閲覧。
    8. ^ “ヒット曲連発のB'z無観客ライブ「5 ERAS」開幕!ファンへの感謝と仲間との絆を伝える” . 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年11月2日) 2020年11月3日閲覧。
    9. ^ “【レポート】B'z、5週連続無観客配信ライブ<-5 ERAS 8820- Day1>に大いなる感動「みなさんの胸に届くように」” . BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年11月2日) 2020年11月3日閲覧。




    ソース


    情報の状況: 19.07.2021 12:06:09 CEST

    ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

    変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

    重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
    を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.