WikiFox

DVD-Audio



DVD-AudioDVDオーディオ)は、1999年DVDフォーラムにより規格化された、次世代オーディオディスク規格である。民生用ハイレゾリューションオーディオ媒体の最初期の規格でもある。

DVD-Audio
メディアの種類 光ディスク
記録容量 4.7GB
コーデック リニアPCMMLPロスレス
策定 DVDフォーラム
主な用途 音声
ディスクの直径 12cm
大きさ 120×120×1.2mm
下位規格 コンパクトディスク
テンプレートを表示

目次


オーディオフォーマット

チャンネル数は最大6(5.1チャンネルサラウンド)、標本化周波数ステレオで最大192kHz、マルチチャンネルで最大96kHz。量子化ビット数は最大24ビット(ダイナミックレンジ144dB)。


普及状態の推移

Hi-Fiオーディオ向けの媒体として、また従来のCD-DAでは不可能であった5.1chサラウンドといったマルチチャンネルオーディオの媒体として期待された[1]が、結果的にはほとんど普及しなかった。次世代のオーディオ媒体としては、同時期に登場した、CD-DAと互換性を持つハイブリッドディスクを制作可能なSuper Audio CD(SACD)に市場を譲る形となり、普及推進のため2002年に発足したDVDオーディオプロモーション協議会も2007年には解散した[2][3][4]


著作権保護

CPPMが採用されている。


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 市川俊一 (2001). “DVDメディアにおけるマルチチャンネル・オーディオの可能性の追求” . Pioneer R&D (パイオニア) 11 (3): 28-36.
  2. ^ DAP協議会、DVDオーディオの視聴説明会を実施 ”. AV Watch. インプレス (2004年9月9日). 2017年6月22日閲覧。
  3. ^ 校條亮治 (2014-05). “新年度にあたり「ハイレゾは救世主に成りうるか」” . JASジャーナル (日本オーディオ協会) 54: 3-5.
  4. ^ 西田宗千佳 (2008年). “スーパーオーディオCD ”. 知恵蔵. 朝日新聞出版. 2017年6月22日閲覧。

参考文献


関連項目





ソース


情報の状況: 19.07.2021 12:19:43 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.