WikiFox

Wanna Be A Dreammaker



wanna Be A Dreammaker(ワナ・ビー・ア・ドリームメイカー)は、1998年9月2日にリリースされたglobeの13枚目のシングルである。

wanna Be A Dreammaker
globeシングル
初出アルバム『Relation
A面 wanna Be A Dreammaker (Straight Run)
B面 wanna Be A Dreammaker (Sigmund Freud Mix)
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex globe
プロデュース Tetsuya Komuro
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間47位(オリコン)
  • globe シングル 年表
    Love again
    (1998年)
    wanna Be A Dreammaker
    (1998年)
    Sa Yo Na Ra
    (1998年)
    ミュージックビデオ
    「wanna Be A Dreammaker」 - YouTube
    テンプレートを表示

    目次


    解説

    BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第一弾として発売。オリコン初登場1位。

    初回限定ジャケット(パッケージ)は他のシングルにはない特殊なパッケージで、4枚連続リリースのCDをすべて収納できるという構造になっている。

    安室奈美恵の「How to be a Girl」でビッグ・ビートに着手してみたが、世間からは「安室奈美恵の曲」として捉えられて、小室は寂しさを覚えた。その後「『How to be a Girl』で表現し切れてない部分を掘り下げる」ことが本楽曲のコンセプトとなった[1]

    BRAND NEW globe 4 SINGLESの4作品は一貫して『悪夢』をテーマにしたプロモーションビデオが製作されている。この楽曲では『KEIKOが見た悪夢』をテーマにプロモーションビデオが製作された。

    1998年12月31日に開催された第40回日本レコード大賞において、本楽曲でglobeは、初の大賞を受賞した。


    収録曲

    1. wanna Be A Dreammaker (Straight Run)
      Written by MARC & TK  Composed & Arranged by TETSUYA KOMURO
      NISSEKI「Enaカード」キャンペーンCMソング
    2. wanna Be A Dreammaker (Sigmund Freud Mix)
    3. wanna Be A Dreammaker (Instrumental)

    収録アルバム

    wanna Be A Dreammaker


    カバー


    脚注

    1. ^ 角川書店刊「CDでーた」1998年12月5日号「小室哲哉 ボックス・セット『TK 1998』発表 進化し続けるTK MIND」134Pより。
    2. ^ globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明 ”. 音楽ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。

    外部リンク





    ソース


    情報の状況: 19.07.2021 10:17:03 CEST

    ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

    変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

    重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、wikifox.orgは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
    を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.